名古屋在住アラサーサラリーマンが、本に音楽に旅行に仕事に…とにかく好きなことを紹介するブログになります。

可もなく不可もなく生きる

音楽

下北系ギターロックを受け継ぐバンド ~The Cheserasera~

投稿日:

やっぱりギターロックはええね_(:3」∠)_

ハローこんばんは、マイマイです。
なかなか更新が安定しなくてごめんなさい生きてます生きてますよ。
狩りに出たり通院したり狩りに出たり狩りに出たりして忙しい日々を送っています。
MHW楽しい。

本日名古屋で6/2、6/3に開催されるクラブサーキット「SAKAE SP-RING2018」通称サカスプの出演アーティストの第一弾発表がされました。

SAKAE SP-RING2018公式サイト → https://sakaespring.com/

第一弾出演アーティスト
EARNIE FROGs / AIMI / あくとわん / アラウンドザ天竺 / ariel makes gloomy /
IDEA / AIRFLIP / edda / ENTH / 大脇愛 / 音の旅crew / KAKASHI /
がらくたロボット / Calmera(カルメラ) / 川音希 / 河内REDS / キネマズ / クアイフ /
GOODWARP / GRAND FAMILY ORCHESTRA / Xmas Eileen / CRAZY WEST MOUNTAIN /
劇団ヘラクレスの掟 / kobore / The Cheserasera / The Best Average /
THE BOY MEETS GIRLS / SHIT HAPPENING / cinema staff / Shift Control /
Jan flu / ZOO THE ANNUAL PASSPORT / THE ZUTAZUTAZ / The Skateboard Kids /
Su凸ko D凹koi / The 3 minutes / THREE LIGHTS DOWN KINGS / スロウハイツと太陽 /
セックスマシン / Cellchrome / XERO FICTION / sozoro座mode / 谷川POPゴリラ /
九十九 / 鶴 / T/ssue / dead endの向こう側 / Two Lead / とけた電球 / 戸渡陽太 /
ナードマグネット / 中村千尋 / ニトロデイ / Newspeak / バックドロップシンデレラ/
バニーブルース / バンドハラスメント / HAMBURGER BOYS / ハンブレッダーズ /
ヒグチアイ / 百長 / Booby Adventure / BabySitter / postman / POT /
ましのみ / マチカドラマ / Myuuと天才あさみん / Monaca yellow city /
ゆるふわリムーブ / 吉田凜音 / 夜ハ短シ / Ram / reGretGirl / Lucie, Too /
RED in BLUE / RED DOG / LADYBABY / 浪漫革命 / World Maps
全80組

その中で最近私一押しのバンド、The Cheseraseraの名前が!!
と言う事で簡単にですが紹介をさせて頂きたく思います。



 

The Cheseraseraとは

 

東京の3ピースギターロックバンド。メンバーは、
・宍戸 翼(Gt./Vo.)
・美代 一貴(Dr.)
・西田 裕作(Ba.)

「ケセラ」「ケセラセラ」と呼ばれることが多い。
2009年、東京にて「昼行灯」の名前で結成。2010年に現在の「The Cheserasera」に改名。
2014年には初の全国流通、メジャーデビューを果たす。
2017年からは再び活動の場をインディーズに戻し、2018年3月15日には会場限定盤「最後の恋 ep.」を発表。

 

ギターロックの歴史を受け継いだ正統派!

 

私は縁あって2011年に出た2nd.demo『empty,empty,dream』からのファンなのですが、
GRAPEVINEやSyrup16g、先日紹介させて頂いたLUNKHEAD等々から影響受けたと言う宍戸さんの掠れた声と少しウェットで哀愁の漂うメロディと歌詞は、
紛れもなく今までいた邦楽ギターロックの良さを全て抽出した完成系と言えるクオリティ。
そしてBLANKEY JET CITYに影響を受けたと言う美代さんのドラムは手数が多くインプロ感が強く、3ピースというシンプルな編成のバンドサウンドを派手に彩ります。
そこに西田さんの隙間をしっかりとまとめるベースラインが入り、まさに90年代~2010年代のギターロックの総まとめと言えるサウンドに仕上がっています。

初期の名曲「思い出して」の時点で既に只ならぬ雰囲気がありましたが、最近はThe Cheseraseraの確たる部分が固まってきたような印象を受けます。

2011年の時点でこのクオリティですからね…本当に名曲メイカーで、良いライブバンドです。
盛り上げつつ、最初のサビで音数がちょっと減るのも渋くて良いですね。サビ終わりのブレイクもカッコ良い。

「No.8」も3rd.demoからある曲ですが、今聴いても全く色褪せることのない曲ですね。
個人的にはdemoの頃の、最後のサビ前に美代さんのスネアロールが入るバージョンも好きですが笑

派手なギミックも動きも無しで、只管曲の良さ演奏の良さで見せることのできる正統派ロックバンドだと思います。

dry blues [ The Cheserasera ]

価格:2,758円
(2018/3/16 13:58時点)
感想(1件)

 

新作はDIYに溢れた会場限定盤

 

こんな熱いツイート見たら応援せずにはいられなくなります笑
新作は会場限定盤。
そして撮影編集全てiPhoneで行った新曲PV。
ツアーグッズのデザインまで自分たちでやっちゃってます。

このステージPASS風のステッカーのセンスとか素晴らしいと思います、正直見た瞬間「やられた!!」って感じでした。

GLIM SPANKYがメジャーシーンで活躍し、GRAPEVINEも昨年ごろからフェスに引っ張りだこになりつつある中で、
The Cheseraseraもロックシーンを賑わす存在になるべきだと強く思いますね。
ライブの予定もたくさん決まっているようですので、是非是非チェックしてみては!

The Cheserasera公式HP → http://www.thecheserasera.com/

名古屋にはサカスプの前にも、4/6に名古屋 HUCK FINNでのライブが決まっております。
WOMCADOLEとthe quiet roomとの3マンと言うことで、絶対熱いですねこれは…!

イントロから泣けてきますね、名残惜しいからお別れなんてできないんでこれからも応援します!!笑

WHAT A WONDERFUL WORLD [ The Cheserasera ]

価格:1,689円
(2018/3/16 14:14時点)
感想(0件)


↑↑良ければぽちっとお願いします!↑↑





-音楽

Copyright© 可もなく不可もなく生きる , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.