名古屋在住アラサーサラリーマンが、本に音楽に旅行に仕事に…とにかく好きなことを紹介するブログになります。

可もなく不可もなく生きる

雑記 音楽

大人になれない大人達は、また夢の中へ     ~LOSTAGE~

投稿日:

書かずにはいられなかった。

ハローこんばんは、マイマイです。
昨日、愛知県は今池にあるライブハウスHUCKFINNに行ってきました。
一部の熱狂的ジャパニーズハードコアフリークには聖地のような場所でもあるこちらであったのは、LOSTAGEのワンマンライブ。
LOSTAGE??なんじゃそりゃ??って人も多いと思いますので簡単に紹介。

2001年、五味岳久、拓人兄弟を中心に奈良県で結成。
2006年にリリースした名盤『PLAY WITH ISOLATION』をリリース、更に全国で開催されている大型フェスにも参加。
2007年には2nd.アルバム『DRAMA』をTOY'S FACTORY(ミスチルやバンプ、セカオワ、ユニゾンの所属しているレーベルです)からリリース、メジャーデビュー。
2010年、ギタリストの脱退を受け3人体制での活動へ。インディーズからメンバー脱退後最初のアルバム『LOSTAGE』をリリース。
その後は各地のフェスや主催ライブ、他バンドとのツアーを定期的に行いながら、
今回、2014年に発表したアルバム『GUITAR』(こちらも全国民マストの超名盤)以降、3年ぶりとなるアルバム『In Dreams』をリリース。

興味ない人からしたら「で、何が凄いのかよー分からん」と思うと思います。
すごーくざっくりまとめると、起業して5年で一流と呼ばれる会社になりかけたものの10年弱で経営は悪化、倒産は免れたものの細々と経営を続けている。
と言ったとこでしょうか、要するに決して成功しているとは言えないバンドです。

じゃあ何が凄いか。


Guitar [ LOSTAGE ]

 

新しいことに挑戦する決断力

 

バンド活動は1つの会社の経営と似ています。
メジャーからの契約が切られ、インディーズでリリースしてもなかなか数字が出ない。
それは会社で言えば、商品が売れない、経営は行き詰っている、モチベーションを上げるのも難しい…そんな中で、3年ぶりに何とかひねり出して製作した新商品を世に売り出す。

あなたならどうしますか?
きっと多くの人が「販路の拡大」「広告費の増大」などを考えるでしょう、最後の望みを賭けながら。
今回3年ぶりに新しいCD『In Dreams』を発表したLOSTAGE。その購入方法は、

・作品の流通を外部に委託しない
・JASRACその他著作権管理団体に著作権管理を委託しない
・自分のやってる店(五味兄のやっているTHROAT RECORDS)以外の小売店で販売しない
・配信でデータ販売しない
・宣伝広告にお金を使わない
・発売前のサンプル配布を行わない
・MVを作らない

まず、通常そこらにあるCDショップでは買えないのです。
五味兄のお店かライブ会場でしか買えない。ライブに行くようなファンか、お店のある奈良県にいる人以外は極端に入手し辛い。(お店のネット購入も可能ですが、その告知はお店のHPでしかしていない)
今主流のデータ配信も無し。
更に「著作権管理を委託しない」為、youtube等動画サイトにも勝手に転載し放題。最悪、CDを買わなくても聴ける環境が整う可能性がある。
自分達主導で、広告となるMVの製作も宣伝もしない。インタビューについても、「奈良まで自腹で来るなら受ける」と言う徹底ぶり。

完全にアマチュアバンドが手売りでCD売っているのと変わらないんですね、自分達の手の届く範囲でしか販売しない。
どう考えてもデメリットしか浮かばないようなこの販売方法。(もっと詳しい話、意図は五味兄のブログ参照)
ただこの潔い程の「本当に好きな人に届けば良い」と言う姿勢が功を奏してか、
CDはかなり売れてるらしいです。


カッコ良すぎるから当然ですね…!
と言う主観は置いておいて笑
「本当に好きな人にだけ届ける。」
この一見するときれいごとのようにも感じる売り方、販路拡大や広告費を全く削減した結果、製作原価は相当削減されたよう。
不要なものをしっかり見極めて削る決断力は、とても惹かれるものがありました。

そしてそれ以上に、余程の自信があるからできる決断であると共に、10数年の活動で得たお客さんの信頼も見えて、
ライブバンドLOSTAGEの底力と深い愛情を感じました。

 

負の感情を生きる力に変えてくれる

 

一気に信者っぽい感じになりましたが笑
LOSTAGEの音楽は、さながら「大人になりきれない大人」が不器用に世の中を生きようとしてもがく姿を映したような、
美しさの中に荒々しさが、逆に荒々しい音の中にも美しさが同居する音楽が多いです。

それはとても耳障りが良いメロディで、でもどこか独特なリズムであったり。
それはすごく哀愁漂う透明感のあるギターで、でもとてもディストーションがかかっていたり。
それはとても明るい曲調で、でも悲しい、ネガティブな言葉が乗っていたり。

人間30年近く生きていると、きれいごとだけでは生きていけないことを感じて、
大げさに言うと何だか生きることに息苦しさを感じてしまうことも多いと思います。
小さい頃に見た夢は叶わない、努力してもアイツには決して敵わない、結果はいつでも伴わない、
後悔は積み重なるし大事な物は失うし、離別も経験するし。

LOSTAGEの音楽、五味兄の言葉は、シンプルなようでその実、難解で複雑でメッセージは曖昧にされていますが、
だからこそ上手くいかない、人生が難解で複雑だと気付いた世代にはとても響くのだと思います。

――繋がりたいと毎日を怯え 僕は俯いて
 打ち鳴らす 叫び出す ポケットの中で
(ポケットの中で/LOSTAGE)

 

ライブの圧倒的な迫力

 

10数年のキャリアを感じさせる、職人技に近いその演奏は一度目にしたらきっと衝撃を受けると思います。
上記のような、素直ではない複雑な演奏を常軌を逸した感情を滾らせながら演奏する姿。
服が震えるほどの大音量でも尚、凄く鮮明に響く音。
飾らず自然体で語りかける(そして結構ふざける笑)言葉。

色々を諦めて、捨てて、「俺には向いてなかったんだ」「まあ良いや」「しょうがない」と思うこと、沢山あったと思います。
だからこそ、顔を歪め声をからして振り絞るようにして演奏するその姿を、
普段はどこか「必死」と言う言葉に冷めた目を向けてしまうような人にこそ、見てもらいたいですね。


LOSTAGE AT SHIBUYA CLUB QUATTRO [ LOSTAGE ]


■通常盤■lostage CD【GO】09/03/25発売【楽ギフ_包装選択】【05P03Sep16】

汚れても良い、ダメでも良い、それでも何か自分の中で大事にしたいものをしっかりと持って続けると言うことの大切さを教えてくれるバンドだと思います。

LOSTAGE In Dreams TOUR

2017.08.18(金) 福岡UTERO LOSTAGE単独公演
2017.08.19(土) 広島4.14 LOSTAGE単独公演
2017.09.02(土) 名古屋HUCK FINN LOSTAGE単独公演
2017.09.22(金) 十三FANDANGO LOSTAGE単独公演
2017.10.05(木) 京都MUSE W / KONCOS
2017.11.02(木) 神戸KINGSX W / bacho / mu-neujohn
2017.11.10(金) 吉祥寺WARP LOSTAGE単独公演
2017.11.23(木) 横浜FAD W / AGE FACTORY
2017.12.16(土) 札幌KLUB COUNTER ACTION W / THE THANKS / the hatch
2018.01.27(土) 沖縄OUTPUT W / teora / aieum and more…
※チケットは基本的にライブハウス店頭販売分→LOSTAGEライブ会場/THROAT RECORDS店頭販売分→プレイガイドの入場順になります。

※福岡UTEROのみチケットペイ購入者の整理番号順からの入場になります。

詳細は公式HP→ http://lostage.co/


↑↑良ければぽちっとお願いします!↑↑





-雑記, 音楽

Copyright© 可もなく不可もなく生きる , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.